個人情報の保護について

投資運用リスクについて

価格変動リスク 一般に株式等の価格は、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動します。株式等の価格変動または流動性の予想外の変動があった場合、受託資産に重大な損失が生じるリスクがあります。
また、一般に公社債は、金利変動により価格が変動するリスクがあります。金利が上昇した場合には、一般に債券価格は下落し、受託資産に損失が発生する要因となります。ただし、その価格変動は、個別債券の残存期間・発行条件などによりばらつきがあります。
流動性リスク 市場規模や取引量が少ない場合、組入銘柄を売却する際に市場実勢から期待される価格で売却できず、不測の損失を被るリスクがあります。
信用リスク 一般に、投資した企業の経営などに直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合には、受託資産にも重大な損失が生じるリスクがあります。
為替変動リスク 外貨建資産については、為替の変動により、円貨建ての価格が変動するリスクがあります。
一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合には、受託資産に損失が生じる要因となります。
  • 契約資産または投資信託財産において組入れする金融商品等および指数、指標等の過去の実績は、必ずしも将来の実績を保証あるいは示唆するものではありません。
  • 受託資産に生じた利益および損失は、すべてお客様に帰属します。
  • 最終的な契約または購入に際してのご判断は、お客様ご自身でお願いします。
  • ご契約またはご購入の際には、「重要事項説明書」「契約締結前交付書面」等をあらかじめお渡ししますので、必ずお受取りのうえ、詳細をご確認いただき、書面の内容・リスク等を十分ご理解のうえお申込みくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ ▲

投資運用業務・助言業務にかかる費用等について

1.投資一任契約および助言契約に係る報酬体系

中銀アセットマネジメントの「投資一任契約」および「投資顧問契約」のお申込にあたっては、契約資産の額に一定の料率を乗じた投資顧問料をお支払いいただきます。
適用する料率は、運用の対象となる資産、契約資産残高、契約内容等に応じて異なりますので、料率、上限額等を表示することはできません。あらかじめお渡しする「契約締結前交付書面」にて、必ず内容をご確認下さい。
信託銀行に対する受託者報酬が別途必要となります。
その他有価証券の売買手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用などが必要となります。

2.投資信託にかかる費用等について

投資信託に係る費用は、それぞれの投資信託により異なりますので、上限を示すことはできません。ご投資をされる際には、事前によく投資信託説明書(交付目論見書)をご覧下さい。

ページの先頭へ ▲