運用サービスのしくみ(投資一任契約の場合)

投資信託のしくみ

投資信託とは、多数のお客さまから集めたお金をひとつにまとめて、運用の専門家である投信会社が株式、債券などに投資・運用し、その成果を収益(損失)としてお客さまにお返しする金融商品です。

  • 少ない金額から購入できます。
    最低でも数十万円の資金が必要な株式等とは異なり、投資信託は少額でも購入できます。
  • 専門家が運用します。
    資金運用の専門家が情報収集を行い、効果的な運用を行います。
  • 分散投資を行います。
    ファンドは国内外の株式や債券など、さまざまな対象に広く分散して投資するので、リスクを抑える効果が期待できます。

投資信託の販売、資金運用、管理はそれぞれの専門機関が役割分担し、厳正に運営されています。

投資信託の仕組み

ページの先頭へ ▲

投資一任契約のしくみ

  • 金銭の信託を利用する場合、お客様は信託銀行と金銭の信託契約を結び資金を預託してただきます。
  • 当社は、お客様と投資一任契約を締結した上で、お客様に代って当社が信託銀行に対し運用指図を行います。
  • 有価証券の保管と管理は信託銀行が行います。
  • この金銭の信託には次のようなメリットがあります。
    お客様が保有する有価証券とは簿価分離されます。
    売却益等のキャピタル・ゲイン部分も利子・配当等とあわせて「信託配当」(あるいは信託利益)として計上できます。
    信託財産の名義人は信託銀行となります。
    有価証券の受渡し、利子・配当等の受取り、権利保全、管理・記帳は信託銀行が行いますので、お客様の事務の省力化が可能となります。
    また、信託銀行からは、毎月1回および決算日に報告書により資産の管理状況が報告されます。
投資信託の仕組み

ページの先頭へ ▲